天上天下唯我独尊|甘茶で祝おう花祭りとは!?

ニュース

天上天下唯我独尊|甘茶で祝おう花祭りとは!?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

お釈迦様は今から2500年ほど前に現在の
ネパールでうまれました。

母さんである麻耶夫人がある夢をみました。

六つの牙を持つ白い像が天から降りてきて右脇から体内に
入る夢をみました。

インドでは像は聖獣とされており、この夢が
「お世継ぎ誕生の兆し」だったのですね。

その後しばらくして、出産のため里帰りの途中立ち寄った
ルンビニ園の庭で右脇の下からお釈迦様が生まれたと
いわれています。

「右脇」は、武力の象徴であり、「大切なものを抱える」ところ。

インドでは、昔から王族などの高貴な人は
「右腕や右脇からうまれた」と表現されることが多いのです。

お釈迦様は生まれて直ぐに、四方に七歩ずつ歩いて・・・

右手は天、左手は地を指差したといわれています。

これがいわゆる・・・

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)
と言ったのです。

花祭り 天上天下唯我独尊


この意味は・・・

■「私たちの命はみなかけがえなく、あるがまま尊い」

■「私たち人間だけが、果たすことの出来る尊い使命がある」

と言う意味です。

また、花祭りでは甘茶を掛ける風習がありますが・・・

生まれたときに9匹の龍が現れ「甘露の雨を降り注いだ」
と言う伝説からきているのです。

花祭りでは・・・

お釈迦様の誕生日を祝うだけでなく、私たちは一人ひとりが
かけがえの無い命を生きていることを自覚する日なのです。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ